2013年02月11日

プロトタイプ4

■ROBOT魂 トールギス■
20
IIIの発売はもう2年も前ですか。
けっこう待たされましたが、ようやくトールギスの発売です。

00
58
プロポーションは前作のIIIでもそんなに不満はなかったので、ほぼ流用パーツで作られたIも気になるところはありません。
本体の大部分を占める白い成形色や塗装もIIIほど安っぽく感じません。


[付属品]
42
・ドーバーガン ・ライフル
・交換手首(平手左右、武器握り手左右、サーベル突き手右手)
・整備中頭部パーツ ・ビームサーベル刃×2

[ドーバーガン装備]
27
41
IIIから厳密に変わった部分は本体では色と頭部と肩アーマーの形状。
あとは武装等。
その他にシールドの外円の色が見本から変わったようですが、極端に変な色でもないので特に気になりません。
(アニメ本編だと白一色だったりするし)

27
シールド裏にはサーベルグリップ×2(脱着化)
シールドを手に持たせるグリップもあります。

36
ドーバーガン砲身伸縮
20
整備中頭部
接続部分はあの忌々しい動かないタイプ。
(まぁ整備中のパーツなんで動かなくてもいいんですけど)

08
ブースターの開閉ギミックはIIIと同じ。

適当にポーズ
32
08
12
26
ドーバーガンは手持ちのグリップが可動し、肩と繋がってるアームもIIIのメガキャノンの物から変更され少し動かしやすくなり、取り回しが向上。
下腕と干渉して手首が抜けやすかったのも改善されました。
11
23
「そうこなくてはな!」
21
32
05
45
53
54
可動範囲はIIIからほぼ変わってませんが、首を動かせるようになったので、様々なポーズが取りやすくなりました。

57
06
トールギスIIIとリーオーと。
ちなみにweb限で販売されたIIは持ってません。
あれも首動かないんですよね。
34
せっかくIIIを引っ張り出してきたのでついでに首を可動化。
53
やっぱりこれですよね。
45

15
というわけで、ROBOT魂 トールギスでした。
トールギスIIIで不満だった右肩の長物武器の取り回しと頭部の可動が改善され、最悪な物が普通レベルになっただけですが、満足度は普通以上に上がりました。
やっぱり可動フィギュアなんだから破綻しない程度のアレンジも必要で、動かして遊べるものじゃないと。

さて、リーオー、トールギス、後に控えたエアリーズと、前期に登場したMSが出揃ってきましたが、ガンダムの方はどうなるんでしょうか。
まずはウイングゼロから続く後期ガンダムチームを出すのが先でしょうけど、web限でもいいのでWシリーズのガンダムは完走していただきたいですね。
ヘビーアームズ発売の際には決闘用の左腕パーツの付属もお願いします。

ROBOT魂 [SIDE MS] トールギスROBOT魂 [SIDE MS] トールギス
販売元:バンダイ
(2013-02-09)
販売元:Amazon.co.jp


bonnie_pink1009 at 20:23│Comments(0)TrackBack(0)ROBOT魂 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字